「日本への報い」発言の中国人アナウンサー、背景に反日教育

能登半島地震

1月2日、能登半島で起きた地震に際して「日本への報い」と発言した中国人アナウンサーが炎上し、停職になっています。

【北京共同】中国海南省でテレビ局を運営する海南ラジオテレビ総台は2日、男性アナウンサーがインターネット上で不適切な発言をしたとして、調査のため一時的に停職させたと発表した。東京電力福島第1原発処理水の海洋放出に絡め、能登半島地震は「日本への報いだ」という趣旨の発言をし、ネット上で議論となっていた。中国メディアが報じた。

 アナウンサーはネット上に配信された動画で「2024年の初日に日本で大地震が起きた。24年は日本全体が暗雲に覆われるだろう」と話し「核汚染水を海に排出してはならない」と主張した。

 中国の交流サイト(SNS)には能登半島地震や羽田空港での旅客機炎上を喜ぶような書き込みがある。対日感情の悪化が背景にあるとみられる。

この発言をしたアナウンサーを特定

 

中国SNS:Weibo&Newsポストセブンより

肖程皓(シャオ・チェンハオ) 海南广播电视总台

・海南省のテレビ局『海南ラジオテレビ』所属の主力アナウンサーの1人
・ニュース番組などを中心に活躍
・2014年から2017年まで4年連続で同局の『司会者トップ10』にランキング入り
・中国東北部の遼寧省出身で、上海にある名門・復旦大学出身のエリート

・TikTokのファン数は約700万人、ウェイボーアカウントにも23万人のファンがおり、SNSで影響力がある。
・SNS上で日本の原発処理水に関連する発信を繰り返していて、ファンが多くついていた。

SNSで動画を公開後、「不適切である」という意見が寄せられ、一時停職になったそうですが、中国語ができて中国事情にちょっと詳しい私からすれば「不適切」「停職」という処分が下されたことの方が驚きです。
実はこのような発言は中国国内では全く珍しいものではなく、中国のSNSは非常に多く似たような投稿やコメントで溢れかえっています。この人は「アナウンサー」と言う立場上非難を受けたものだと思われますが、通常日本を侮辱するような言論は中国国内では全く非難されません。
この件に関しても、中国のSNSでは批判する声も多くあるものの、「彼を応援する」などといった声も見られるようです。

日本に地震などの災害が起きるたびに歓喜する中国人

以下は中国SNS、Weiboに上がっている無数のポストの一部を翻訳したものです。

#日本の地震で死者数が再上昇 のハッシュタグに対し

いいねいいね、拍手していいねと叫ぼう これはみんな報いだ!

ハハハハハハハハ 人道主義なんて持ち出さないでね。みんなで一緒に彼らを笑おう。彼らは核汚染水を排出した時人道主義なんて考えなかったんだからね。日本軍国主義を崇拝する奴らが被害を受けるだけなら私たちは笑おう。でも核汚染水は全ての人を被害者にしたんだから、勇気を持って笑おう!思う存分笑おう!

この数字じゃ足りない

 

 

日本人として見るに耐えないコメントの嵐です。そしてこのような中国人の言動は今回に限ったことではなく、日本で地震や洪水などの災害が起きるたびに同様のコメントが溢れます。在中邦人は日本で何か災害が起きた時は中国のSNSは開かないようにするのが常識になっています。

何の報いだと言っているのか?背景にある中国共産党の強烈な反日教育

中国の多くの人が災害が起きるたびに「報いだ!」と言う背景には、中国共産党の執拗な反日教育があります。

処理水放出をやたら持ち出す中国人

日本が処理水を排出した時に世界が承認している中で中国だけが「核汚染水だ!」と騒ぎ立てたのは記憶に新しいと思います。

日本の原発処理水をめぐって中国がやったことまとめ

  • 世界が安全であると認める中、中国だけ「核汚染水」という言葉を使って、日本を批判
  • 日本産の水産物の輸入を全面的に停止
  • 国営メディアが率先して日本批判を発表
  • 「福島で放射線量が瞬時に上がった」「海が真っ黒になっている」「魚が大量に死んでいる」などのデマとフェイク画像がネット上に出回る
  • 中国にある日本人学校や日本大使館に石やレンガなどが投げ込まれる
  • 日本の飲食店などにおびただしい数の迷惑電話

参照:NHK解説委員室

中国では共産党が人民の思想を統一させるため、インターネット上の情報は統制が徹底されています。通常、党や政府にとって好ましくない意見は削除されます。しかし反日的な意見は大抵そのままにされています。しかも、「放出は科学的に問題ない」という内容のコメントは削除され、政府の見解と一致する批判的なコメントだけがネット上に出回りました。

戦争中の恨みを忘れないように幼い子供にも叩き込む反日教育

中国共産党は「牢记历史」(歴史を忘れない)と言って、戦争中に日本軍がどれほど酷いことを中国人に対してしてきたか、歴史を捏造して教育しています。さらに戦時中の日本軍と今を生きている一般の日本人を区別しなくてもいい、血筋は同じだ、祖先のしたことの報いを今の日本人は受けるべき、という教育を行っています。

このような背景から、今回このアナウンサーの発言が生まれたのです。我々日本人はこのような歪んだ教育を受けているお隣の国とどのように付き合っていけばいいでしょうか。

少数派だが良識のある中国人もいる

ただ、もちろん全ての中国人が同じ考えというわけではありません。中にはきちんと教養と良識を持って心ある言葉や言動をくれる中国の人々もいます。

このメッセージは地震発生後まもなく私の中国の知人から送られてきたものです。

日本の平安を願います!日本のために神にこの災難を止めてくれるよう祈ります、日本の皆さんが平安でありますように!

特に海外在住経験があったり、外国人の友人がいるなどして中国国外の情報に触れている人にこのような良識的な人が多いです。

中国の多くの人が日本に対して心ない言動をするのは胸が痛みますが、私たちは冷静に対処したいですね。

タイトルとURLをコピーしました